循環器科

はじめに

動物も獣医療の進歩により長寿になり、人と同様に腫瘍(がん)や腎臓病と共に心臓病が増え、「三大死因」と呼ばれるようになりました。
心臓病は犬では死亡原因第2位、猫では第3位といわれています。
【心臓病】と聞くとそれだけで大きな不安に駆られることと思います。

心臓病診察に来られる方々からは以下のような質問を多く受けます。

  • どんな病気なの?
  • そもそも今の段階では治療は必要なの?
  • どれくらい重症なの?
  • 他の治療法はないの?
  • どのように進行して行くの?
  • 検査はどれくらいの間隔でしたらいいの?
  • 今飲んでいる薬であっているの?
  • 日常生活や食事で気をつけることは?

このような、わからないことを明確にして、病気と向き合っていければ不安を軽くすることができます。
当院では獣医循環器認定医の獣医師が定期的に診察を行なっており、さまざまな検査や治療のご提案が可能です。
愛犬・愛猫の心臓病で悩んでいる方はぜひ一度相談にいらしてください。

心臓病の症状・サイン

  • 呼吸が荒い
  • 失神したり、ふらつくことがある
  • 咳をすることが増えた
  • お腹が膨らんできた
  • 散歩などの運動を嫌がるようになった
  • 安静時の呼吸数が多い
  • 寝てることが多くなった
  • 突然の四肢麻痺

このような症状がみられたら心臓病の可能性があります。

心臓病の検査について

身体検査

心臓の音、心拍数、リズム、呼吸の音、呼吸数、呼吸様式などのチェックや全身状態を確認します。

レントゲン検査

心臓の状態、血管の状態、肺や気管支の状態を把握します。

超音波検査

心臓の内部構造や大きさの変化、血流などをリアルタイムで確認することができます。
この検査で診断を確定したり、病態を把握することができます。

心電図検査

不整脈の有無を調べます。すぐに治療が必要な危険な不整脈から無治療にて経過観察を行う不整脈までさまざまです。心臓の電気的な活動を診るための重要な検査です。

血液検査

心臓の治療においては心臓以外の身体の状態も把握することも重要です。心臓以外の内臓やホルモンの状態が心臓に影響を及ぼす可能性があります。特に、腎臓は心臓病の治療を行うにあたって重要な臓器であり、腎臓が悪いと心臓病の治療によっても影響を受けます。

血圧測定

血圧も心臓病の状態と関わりがあります。心臓のお薬は血圧を低下させるものもあるため、お薬による作用が適切かどうかを確認します。

その他の検査

場合によっては尿検査や腹部超音波検査などの検査を実施して最終的な診断と治療方法を提示することもあります。
これらの検査結果を総合的に評価します。(※毎回全ての検査を実施する訳ではありません)

犬に多い心臓病

  • 慢性心臓弁膜症(特に僧帽弁閉鎖不全症)(特に小型犬)
  • 肺高血圧症
  • 犬糸状虫症(フィラリア症)
  • 拡張型心筋症(特に大型犬) など

猫に多い心臓病

  • 肥大型心筋症
  • 閉塞性肥大型心筋症
  • 拘束型心筋症
  • 動脈血栓塞栓症 など

心臓病の治療

犬・猫の心臓病の治療は内科的治療(薬の内服)が一般的です。薬による治療は根治的な治療ではありません。またその治療は一時的なものではなく生涯必要なものであり、定期的な検診によりその時々の病態を把握する必要があります。そうすることで心臓病の進行を遅らせたり、症状を抑えることが可能となります。
しかし、中には外科的な治療が可能な心臓病もあります。当院では、診察を受けていただき適応と判断された場合、インターベンション治療(動脈管開存症や肺動脈弁狭窄症)、ペースメーカ植込み術(房室ブロックや心房静止など)、人工心肺装置を使った開心術(犬の慢性心臓弁膜症や心室中隔欠損症)を行なっている病院へのご紹介が可能です。
愛犬・愛猫の心臓病の治療に関してご不明な点がございましたら是非一度お問い合わせください。

循環器科診療獣医師 木﨑 皓太(きざき こうた)

プロフィール

現在、一般臨床に携わりながら、8つの病院で循環器診療を行い、麻布大学で循環器科専科研修医として従事している。
また、一般社団法人LIVESの循環器担当として、さまざまな活動を通して循環器診療の楽しさと奥深さに興味をもってもらい、日常の診療に役立ててもらいたいと考えている。

2012年 北海道大学獣医学部 卒業
2012年~2017年 埼玉県の一般開業動物病院にて一般診療と循環器診療を担当
2012年~2015年 東京動物心臓病センター研修医
2015年~現在 麻布大学附属動物病院循環器科研修医
2016年~現在 循環器出張診療を開始。
現在、神奈川県、群馬県、埼玉県、愛知県、大阪府の8つの病院で循環器診療を担当
2017年~現在 神奈川県の一般開業病院にて一般診療と循環器診療を担当
2018年~現在 獣医循環器認定医資格取得
一般社団法人LIVES 理事、循環器科
(League of International Veterinary Educational Specialists)

診察日

毎月 第1月曜日(変更される場合があります、初診の際はお電話にてご確認をお願いします)

診察料金

診察料 3,000円(税別)
※別途で初回検査費用が必要となります、概ね20,000円くらいです。

お薬の処方等がある場合はそれ以上になる場合もあります。
じっくりお話を伺い、話し合った上で納得のいく検査内容で治療計画を立てるためにお時間をいただきます。そのため、獣医循環器認定医による診察をご希望の方は、診察日をご確認の上ご予約ください。

ページトップへ