避妊・去勢

ペットが高齢になったときに罹りやすい病気として、雌の場合は子宮や卵巣のトラブル、乳腺腫瘍などがあり、雄の場合は前立腺のトラブル、肛門周りの腫瘍などが挙げられます。
これらの病気は、若いうちに避妊や去勢手術を受けることによって、ある程度発症を予防できます。以下に書いたメリット、デメリットをご覧になり、よく考えて手術をするかどうか決めてください。

避妊手術(女の子)のメリット・デメリット

メリット
  • 望まない妊娠を予防できる
  • 乳腺腫瘍の発生率を下げることができる
    ※犬の場合初回発情が来る前に避妊手術を行えば乳腺腫瘍の発生率は0.05%、2回目の発情が来る前なら8%となっており、有意に乳腺腫瘍の発生率を下げられることが知られている。
  • 子宮や卵巣の病気(子宮蓄膿症、卵巣腫瘍)に罹らなくなる
デメリット
  • 太りやすい体質になる
  • 犬の場合、尿失禁をしやすくなることがある。

去勢手術(男の子)のメリット・デメリット

メリット
  • 雄性ホルモンの関与が疑われている前立腺肥大、肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニア、精巣の腫瘍などの発生を抑えられる。
  • 陰嚢内に精巣が降りてきていないと精巣腫瘍になる可能性が高いが、それを防ぐことができる
  • 犬のマーキング行動、猫のスプレー行動を防ぐ効果がある。
  • 外猫の場合、攻撃性が弱まることがあるので怪我のリスクが減る。
デメリット
  • 太りやすい体質になる。

避妊・去勢手術に適した時期

当院では生後6か月での避妊去勢手術を推奨しています。
手術を受けるにあたっては、ワクチン接種やノミダニの予防をしている状態が望ましいので、6か月以前からご相談ください。
手術は完全予約制になっています。手術を希望される方は来院時もしくはお電話でご予約ください。手術料金や手術を受けるにあたっての注意事項をご説明いたします。

ページトップへ